古い車に乗るようになった

2014年2月、横浜で明治以前から続く老舗の印刷会社の大川社長から、亡きお兄さんが乗っていたVOLVO Amazon 122s 1970 を譲り受けた。10年近く倉庫に保管されていた状態であった。

エンジンはかかったものの劣化した部品やこれまで7人のオーナーの修理によって問題もあった。すぐに壊れたり調子が悪いので年に数十キロしか乗らなかったようだ。

普通にツーリングに行けるような車にしたい。しかし車が二台有れば私もちゃんと直さないのではないか。心を決めて愛車のVolvo 945 turbo SE を手放し、amazon 一台にした。

12月に横浜から持って帰る途中でマフラーは折れる、キャブが絶不調でエンストする。シートは床までへこんでいる。外装のモールはガムテープで貼られていた。10キロ走るとエンストする状態だった。

これだめなんじゃないかと途方に暮れかけたとき、インターネット上にVAF(ボルボアマゾンファンクラブ)というグループを見つけた。連絡をとってみると、アマゾンの部品はほとんど入手可能。ひとりで数台持っている人も居る。しかもなんと家から数百メートルのところにVAFメンバー三人が入れているベテラン工場もあったのだ。

そこから先は早かった。自分でできることと、先輩に聞くことと、工場に頼むことを分けて修理をはじめた。

春にはあちこち走れるようになり、足回りを直して、春の高山ツアーに出たのだった。そして4年かけて外装以外ではエンジンのオーバホールを除いてちゃんと走れるようになった。そのとき私の所にはおじさんからもらった2オーナーの1969年式アマゾンが嫁に来ることになり、東京の借家住まいでは2台所有することは叶わず大川号は次のオーナーへ譲ることになったのだ。

みんから アマゾン復活への道のり